時短もできるだしパックを活用!簡単でおいしい料理とだし別の相性をご紹介

2015/10/20

料理の味はだしで決まる!? みんなをあっと言わせる簡単でおいしい料理3選

料理の味を左右する「だし」。とはいえ、いちからだしを取るのは手間がかかるもの。なかなか高いハードルと感じる人も多いのでは? そんな忙しい主婦の味方になってくれるのが市販の「だしパック」です。化学調味料とは異なり、無添加のものや、国産食材にこだわったものなど、味はもちろん、健康面にもうれしいものがあります。

そこで今回は、だしと食材の相性や、だしパックを活用した簡単でおいしい料理をご紹介。だしの保存テクニックもマスターしちゃいましょう!

だしパックで簡単&時短料理

みそ汁を飲んだとき、みその味よりも化学調味料の味を強く感じたことはありませんか? 化学調味料はとても便利ではありますが、人工的に作られているため、料理そのもののおいしさをころしてしまうことがあります。また、せっかく素材からだしを取っても、調理に慣れていないと十分にうま味を抽出できないことも。

そこでおすすめなのがだしパックです。鍋に入れて煮出すだけで、本格的なだしを手軽に取ることができる優れもの。煮出す時間は料理によって多少の差はあるものの、調理時間を短縮することができますよ。

みんなをアッといわせるこだわりのだし鍋

材料を切って煮るだけの鍋料理は、時短料理の代表格。シンプルなだけにだしが味の決め手になります。

だしパックと食材から出るだしをバランスよく組み合わせることで、いつもの鍋が格段にワンランクアップしますよ。

そこで覚えておきたいのが、だしの種類と食材のコンビネーションです。鍋料理を例に、だしの相性をみていきましょう。

魚介の鍋にはかつおだしはNG

食材に魚介類を多く使用する場合、かつおだしを使うと、魚介のうま味とぶつかることがあります。魚介のうま味を十分に生かすためには、「昆布だし」がおすすめです。

和風ならではのさっぱりとした風味が楽しめる昆布だしは、素材のうま味が生きる水炊きにも適しています。

冬の定番おでんには、合わせだし

大根やこんにゃく、練り物に味がしっかり染み込んだ熱々のおでん。寒い季節に食べたくなる鍋料理のひとつです。

味付けの8割がだしとなるおでんは、かつお節と昆布で取る「合わせだし」がおすすめです。異なる食材がもたらす奥深い味わいが食材のおいしさを引き立ててくれますよ。

秋の味覚、炊き込みご飯が一変

炊き込みご飯は、具材と一緒に炊くため、おかずがなくても栄養がバランスよく摂れるうれしい一品。秋の味覚を楽しめるメニューとしても人気です。

ところが、せっかく作ったのにいまひとつ味が決まらない、ご飯がベチャッとする、お米に芯が残ってしまったなど、仕上がりがイマイチだった経験はありませんか。おいしく炊くコツをみていきましょう。

お米は十分に吸水させておく

お米に芯を残さず炊き上げるためには、洗米したお米を30分ほど水につけ、十分に吸水させておくことがポイントになります。その後、ザルに上げて水気をしっかり切り、だしや調味料をくわえるようにしましょう。

お米に味をしっかり染みこませようと、だしや調味料を入れて時間を置くのはNG。塩分がじゃまをして、お米に水分が吸収されにくくなります。

だし汁、調味料は炊く直前に

だし汁と調味料は、炊く直前に入れ、大きくかき混ぜるようにしましょう。こうすることでお米にムラなく味が行き渡ります。

具は上にのせるだけ

お米に具を混ぜ入れると、均等に熱が伝わりにくくなることがあります。お米に芯が残る原因にもなるので、炊く際には具は上にのせるだけにし、炊きあがってから全体を混ぜるようにしましょう。

炊き込みご飯のだしには、昆布だしや合わせだしのほか、高級素材に分類される焼きあごやトラフグなどのだしもおすすめです。いつもの炊き込みご飯が、上品な味に仕上がりますよ。

だしパックの簡単便利な保存方法

だしパックでと取っただし汁の保存は、冷凍保存にしておくと便利です。粗熱を取っただし汁を製氷皿に入れ、完全に冷めてから冷凍庫で凍らせます。使うときは製氷皿から外し、みそ汁や炊き込みご飯などにポンと入れるだけ。これなら忙しい朝でも本格的なだし料理を作ることができますね。

素材にこだわり、丁寧にだしを取ることで塩やしょうゆに頼らない味付けをすることができます。減塩することで健康にも一役かってくれそう。料理やおこのみに合わせてだしをチョイスし、健康的な食生活を心がけまししょう。

[ 参考 ]